評判の良い美容外科クリニックで美しくなれる施術を受けよう

ぱっちりとした目元を入手

ドクター

「ぱっちりとした目元になりたい」「目が小さくて悩んでいる」という人はきっと多くいるはずです。そのような人は仙台にある美容外科クリニックでデカ目になれるプチ整形施術を受けてみるといいでしょう。腕前の良いドクターが丁寧にカウンセリング・施術を行なってくれるので理想に描いている自分に近づくことができます。しかし、綺麗な二重幅を手に入れることができるプチ整形ですが、種類がいくつかあるのです。イメージしている目元に近づけるためにも、施術にどういった特徴があるのか把握して、自分に合った方法をチョイスしましょう。まず、二重になれる施術で主流になっているのは埋没法です。埋没法とは、メスを通さずに髪の毛よりも細い医療用の糸と針を使って二重を作る方法で、施術もわずか10~15分程度で終わるというところも評判です。ダウンタイムが非常に短いので、仕事・学校の休みを利用できます。さらに、万が一納得がいかない仕上がりになってしまっても抜糸が可能なので、その場で修正をしてくれるという利点も挙げられます。また、良心的な価格で施術が受けられるのも人気の秘訣でしょう。しかし、埋没法は糸で留めて二重幅を作るので、強い衝撃があった時に糸の結び目がほどけてしまい、元のまぶたに戻ってしまうことがあるようです。また、埋没法が適していないまぶただと、ラインが薄くなってしまうので高い効果が実感できないと言われています。どういう人が適していないのかというと、まぶたがとても厚い人や目を開ける力が弱い人が挙げられます。まぶたが厚いと、糸を留めるだけでは皮膚と皮膚を重ねることが非常に難しく、目を開ける力が弱いと糸の力だけではハッキリとした二重ラインを手に入れることが難しいのです。しかし、他のプチ整形と比べると、施術後のツッパリ感がなく、まぶたの中に糸を留めるため、眼球を傷つけてしまう心配もありません。また、最近では施術を施す医師の術式・技術によって、ハッキリした二重が埋没法で作れるようになっているようです。その代表例が糸を留める数です。瞼の厚みによって糸を留める数を変えると、まぶたに厚みがある人や目を開ける力が弱い人でも理想の目元に近づけると言われています。その次に、半永久的な二重まぶたを維持できる切開法について紹介していきます。それは、まぶたの皮膚を切って、腫れぼったいまぶたの原因である脂肪を除去する方法です。施術でまぶたを薄くすることによって、まぶたが綺麗に折りたたまれるようになるので自然な二重まぶたを手に入れることができるでしょう。また、まぶたの余分なたるみも除去できるので試したことがある人からの評判が良いですよ。以前までは、全切開法のみでしたが、近年の仙台にある美容外科クリニックでは部分切開を設けている所もあるようです。部分切開とは、まぶたの中心を1~2センチほど切開し二重を作る方法ですが、傷跡が目立ちにくく、回復も早いと言われて非常に評判を受けています。脂肪の除去が少量で良いので、元々、薄いまぶたの人は、この部分切開法が適していると言えます。しかし、部分切開法は全切開法よりもひだを支える力が非常に弱く、人によって異なりますが、加齢とともに二重のラインがはっきりしなくなったり、まぶたが垂れて二重の幅が狭くなったりするケースも少なくないようです。また、切開法は、幅や除去する脂肪の量などによって腫れの度合いは変わってきますが、施術後1週間ほどはかなり腫れてしまうということを頭に入れておきましょう。腫れが目立つ間はなるべくメイクなどは避けたほうがよさそうです。切開法による大きな腫れは大体1か月程度で引きますが、二重のラインがしっかりと定着するまでは半年ほどかかってしまうようです。その間は、二重のラインが非常に不安定であり、むくんでしまうかもしれません。なので、切開法で二重瞼を作りたいのであれば、長期の休みを取ってから施術を受けるといいですね。多くの人から高い評判を集めているプチ整形ですが、埋没法だと費用相場が5~10万円程度、切開だと25万円前後だと言われています。もし施術を仙台にある美容外科クリニックで検討しているなら、ランキングサイトを使って仙台の優良美容外科クリニックを選ぶといいですよ。口コミ・評判を徹底比較できるコンテンツも設けられているので自分の条件に合ったところが見極めやすくなるはずです。